費用が抑えられる!自己破産の申し立ては弁護士に相談が良い

事前の対策が重要です

家族

専門家に相談する

平成27年1月以降の相続については、改正された税法が適用されます。相続税の基礎控除額はそれまでの5000万円から3000万円に、相続人一人当たりの控除額1000万円は600万円に引き下げになりました。この税法改正により相続税の申告が必要となる者は、これまでの1.5倍になると云われています。相続税対策については、法律問題や税金問題の専門家である弁護士や税理士などに事前に相談することが効果的です。「争族」にしないためには、財産を誰に承継させるかを事前に明確にする遺言状の作成が不可欠です。遺言状の作成については法律要件があるため、法律の専門家である弁護士に相談することが効果的です。相続税を少なくするためには、税金の専門家である税理士に相談することが効果的です。相続税対策で有効な方法は、生前からの贈与です。配偶者に対しては、居住用財産の贈与の特例が有効です。子供に対しては、贈与税の基礎控除額の範囲内での贈与、相続時精算課税制度や住宅資金の贈与などが有効です。また、納税資金を確保するには、生命保険を利用することが効果的です。横浜市は、神奈川県の東部に位置する都市です。横浜市は神奈川県の県庁所在地で、県下では最大の都市です。横浜市の人口はおよそ372万人で、日本の市町村では最大の都市です。横浜市内で一定の面積の土地を相続した場合には、申告が必要となる場合があります。横浜市内には多くの弁護士や税理士が事務所を設置していますので、相続税対策を安心して相談することができます。