費用が抑えられる!自己破産の申し立ては弁護士に相談が良い

払いすぎた利息を取り戻す

電卓と紙幣

過払いが発生してるか相談

静岡県にお住いの方で、過去の消費者金融等の貸金業者に取引経験をされたことがある方は、過払い金が発生している可能性があります。ですから、お近くの静岡の法律事務所で相談をしてみることです。過払い金とは、貸金業者に対して払いすぎた利息のことなのです。しかし、なぜ利息を払い過ぎてしまう事態になるのかというと、一括で貸出する際の金利の上限を決める法律が2つ存在していたことにあります。利息制限法と出資法です。出資法では、29.2%を上限としていましたが利息制限法では利用限度額に応じて15%〜20%を上限としていたのです。企業としては利益を求めますから、当然出資法に遵守します。利息制限法の上限金利を超えて融資を行うことは、勿論違法ではあったのですが、違法であったとしてもそれを罰する法律がなかったため多くの貸金業者は出資法で営業をしていたのです。ところが、利息制限法の上限を超えて融資をすることは、みなし弁済規定を満たしていないなど違法とする判決が多く出ました。また、社会情勢などから、2010年に貸金業法が改正されて、出資法の上限金利も利息制限法と同じ条件になったのです。つまり、20%〜29.2%の金利で消費者金融と契約して取引をしていた静岡にお住いの方は過払い金が発生している可能性があります。ただし、利息制限法の上限を超えていれば誰でも過払い金が発生しているわけではなく、取引年数にもよりますので、過払い金があるかないかは素人には判断しにくいです。そのため、最寄りの静岡の法律事務所に相談することが一番いいです。